21世紀土地改良区創造運動を知っていますか?
21世紀土地改良区創造運動とは

『土地改良区』は、農業用水路・土地改良施設等の維持管理や水田への農業用水の供給など、農業、農村地域の発展のために活動を行ってきました。
 これらの土地改良区が果たしてきた役割、機能を見直し、農業生産だけでなく、地域用水や自然環境等の農業用水の持つ多面的機能の確保など、農業用水の地域への新たな役割に対し、土地改良区が自ら積極的に取り組み、活動を行っていく事が重要になります。 そのためには土地改良区の存在を外部に積極的にPRし、まずは地域の方々に土地改良区を身近な存在として知ってもらう事が大切です。 このような外部への積極的なPR活動を21世紀土地改良区創造運動といいます。

さいたマーチ〜見沼ツーデイウォーク〜への参加
(さいたま市)

さいたマーチ〜見沼ツーデイウォーク〜への参加
(さいたま市)

幼稚園児親子遠足での
見沼代用水PR活動の様子
(さいたま市緑区見沼自然公園)

当改良区の21世紀土地改良区創造運動への展開

東縁用水路での
幼稚園児親子のカヌー遠足

水土里ネット見沼代用水(見沼代用水土地改良区)はウォーキングイベントへの参加や、幼稚園児親子のカヌー体験などの多くのイベントを通じて、農家と都市住民の交流と農業用水の持つ多面的機能を高める活動に取り組んでいます。