中須百間分水堰

中須百間分水堰

位  置 宮代町西粂原地内
竣  工 平成7年3月 埼玉合口二期事業
管  理 見沼代用水土地改良区
構  造 電動鋼製転倒ゲート

本施設は笠原沼用水路の終点に位置し、これ
より下流は、中須用水路(写真左側)と百間用水路(写真右側)に分岐します。

原調節堰

位  置 久喜市原地内
竣  工 平成7年3月 埼玉合口二期事業
管  理 独立行政法人 水資源機構
      見沼代用水土地改良区
構  造 電動鋼製転倒ゲート

本施設は一級河川庄兵衛堀川の伏越上流側に設置されています。

原調節堰
 笠原沼用水路は、除堀堰(久喜市除堀地内)で中島用水路より分岐してから、中須百間分水堰(宮代町大字西粂原地内)までの水路延長約1.5qをいい、中須百間分水堰でさらに、中須用水路及び百間用水路に分岐します。
 最大取水量は計画で約2.3m3/s、受益面積は約830haです。
 施設管理は、除堀堰から太田袋堰までは、見沼代用水土地改良区と独立行政法人 水資源機構の共同で行っています。また太田袋堰から中須百間分水堰までは、見沼代用水土地改良区で行っています。