現在の笠原沼用水路(久喜市除堀地内)
 笠原沼用水路
 久喜市除堀地内の除堀堰で分かれた、笠原沼用水路は、久喜市、白岡市地内をかんがいし、宮代町西粂原地内で更に東西に分かれる。東側は宮代町東粂原を経て同町道仏に至る中須用水路。西側は白岡市爪田ヶ谷を経て宮代町逆井地内の大六天堰に至る百間用水路である。 
 
         黒沼の位置
 黒沼は東西約2.2km、南北約330mの帯状の沼で、北側は内牧村(現春日部市)、南側は小溝、裏慈恩寺、鹿室(現さいたま市岩槻区)等に囲まれた沼であったといわれている。
 中央水田が黒沼の跡(下流より上流を望む)
 右側の土手が内牧用水路(春日部市)。左側の森の下を豊春用水路(さいたま市岩槻区)が流れている。

                       
現在の黒沼用水路(久喜市除堀地内)
 黒沼用水路
 黒沼用水路は、久喜市地内の中島用水分水口より約4.6kmの中島用水路を経て、久喜市除堀地内の除堀堰で黒沼用水路と笠原沼用水路に分岐する。黒沼用水路は久喜市、白岡市地内をかんがいし更に、白岡市太田新井地内において内牧用水路と豊春用水路に分かれる。内牧用水路は、沼の北側を流れて古墨田川に落ちる。一方、豊春用水路は、さいたま市岩槻区小溝、徳力を経て古隅田川に落ちる。 
 
現在の中島用水分水口(黒沼笠原沼分水口)
久喜市菖蒲町菖蒲地内
昭和初期の黒沼笠原沼用水分水口
小水路奥に中島圦がある

  黒沼笠原沼用水路は、享保13年井澤弥惣兵衛為永によって、一級河川星川(見沼代用水路)に中島圦を設け、黒沼、笠原沼を干拓し、この用水源の代わりに開削された水路である。