(左より)皇太子殿下、渡辺理事長(当時)
日本水フォーラム会長 故橋本龍太郎氏

二の関へ向かう船の様子

皇太子殿下は「中世の水運・舟運」をライフワークとされ研究されておられますが、見沼通船堀が江戸の発展に重要な役割を果たしたかを、熱心にご覧になられました。

  一の関の開閉実演の様子 2

関の実演をご覧になられる皇太子殿下

開閉実演の様子を写真に撮られました

平成18年2月14日、皇太子殿下は渡辺理事長(当時)、相川さいたま市長(当時)らがお出迎えする中、東縁用水の見沼通船堀の実演をご覧になられました。今回の視察は3月17日から開催された第4回世界水フォーラムメキシコ大会で、基調講演をするために視察されたものです。